痩身レシピ

   

痩身エステを受けた時にできるあざの原因と対処法について

脂肪の少ないスリムな体になれば、お洒落な洋服を着こなすことができますし、他人から見ても素敵な人だと見られます。そのため少しでも美しくなりたいと考えることは当然で、多くの人がダイエットをするなどして、自分磨きをしています。ダイエットをすることで体重を減らすことはできても、一度蓄積された脂肪を取り除くことは難しいことがあります。また年齢を重ねるごとにセルライトと呼ばれる脂肪のかたまりが蓄積されて、それらが体のラインを崩す原因になっています。それらを取り除く方法として、自分でマッサージをしたり運動をして脂肪を燃焼させるという方法もありますが、痩身エステに通うという方法が有効です。熟練した技術を持つスタッフが、脂肪が蓄積された部分を揉み解して排出するように促すことができるからです。ただ痩身エステを受けた後、あざや内出血ができてしまうという悩みを持つ人が少なくありません。その原因は、脂肪が固まっている部分は血液の流れが良くないため、元々血管の壁がもろくなっていることが多いからです。そこに強くマッサージをすることで、血管が切れてしまい、あざ内出血ができやすくなります。つまり痩身エステを受けた時、すべての箇所にあざができやすいということではなく、脂肪やセルライトがたまりやすい太ももや二の腕、お腹などにできやすい傾向があります。もちろん毛細血管が細くなっていたものが刺激を受けたことによる原因だけでなく、施術を行うスタッフの技術が良くないということも考えられるので、信頼できるサロンを探すことが重要です。施術を受けるサロンを契約する前に、カウンセリングを行うことが多いですから、その時にスタッフの熟練度などを確かめておくと安心でしょう。ただあざや内出血ができたからといって、見た目はうっ血しているので不安になることがありますが、必ずしも悪いわけではありません。施術を受けてから3日ほどで消えるものは、好転作用といって一時的に起こる反応ですから、それだけ効果があると同時に痛みがほとんどないという特徴があります。特別な対処をしなくても、うっ血した部分は自然とひいていきますから不安になることはありません。また押すと痛みがある場合でも、1週間ほどで自然と消えることが多いので、それらも特に気にする必要はないといえます。ただ目立つ部分にあざが出来てしまったり、見た目が嫌なので早く改善したいというときはアイシングをすることをおすすめします。あざができた部分を冷たいもので冷やすアイシングですが、氷などを直接肌にくっつけると刺激が強いので、タオルなどでくるむようにします。アイシングをすることによって腫れが少しずつひいてきますから、次は体全体をあたためて血行を良くするように心がけます。それでも気になるような痛みやうっ血が続くようであれば、施術を受けたサロンに相談をしたり医師に診察してもらうようにします。痩身エステの効果は高いという定評があるので、内出血ができることは気になるけれど続けて利用したいというときは、作りにくい工夫をするという方法があります。血流の巡りがあまり良くない状態でマッサージをすることで血管が切れてしまうことが原因ですから、サロンを利用する前に血行を良くしておくという方法をとることが有効です。血行を良くするためにはリンパにそって自分で優しくマッサージをしたり、ストレッチをして筋肉をほぐすという方法があります。その他には血管を強くするようなトマトや青魚、お酢などの食品を積極的に摂取するようにします。塩分の取り過ぎは血管へのダメージが強いため、食生活にも気を使うようにすれば、安心して痩身エステを受けて高い効果を得られるでしょう。

あざ , アイシング , カウンセリング , ダイエット , マッサージ , 内出血 , 痩身エステ , 脂肪燃焼 , 運動