痩身レシピ

   

痩身を実現させる運動とは

痩身というと、ただ単に体重を減らそうとする人もいますが健康的に痩せるためには体重の他に余計な脂肪を分解して適度に筋肉を鍛えて代謝が活性化した疲れにくい身体づくりをすることが必要です。そのためには、食生活や生活習慣を見直すことが大切になります。食生活や生活習慣を見直して、ある程度適度な負荷の運動を生活習慣に加えながら食事もしっかりと摂取することによって食事制限によるストレスを減らすことが可能で継続しやすいメリットも得られるのです。

運動にはランニングやウォーキングのような有酸素系のエクササイズと、筋力トレーニングのような筋肉に瞬発的に負担をかける無酸素系のエクササイズがあります。効率的に痩身を実現させるためには、どちらか1つのエクササイズではなく両方のエクササイズを組み合わせるのが大切です。ランニングやウォーキングのように負荷が軽いエクササイズを長い時間に亘って行うときには、主なエネルギー源として身体の中の体脂肪が消費されます。ですので有酸素系のエクササイズは脂肪を燃焼させる運動とされているのです。

この有酸素系のエクササイズは短い時間だけでもエネルギーをある程度は消費するのですが開始して、およそ20分ぐらいは経った頃からエネルギー源として体脂肪を消費し始めます。そのため20分以上継続して行うことにより、より一層体脂肪が減ることが期待可能です。

筋力トレーニングなどといった無酸素系のエクササイズは、有酸素系のエクササイズのように運動している最中に脂肪を燃焼する割合は少ないですが、速筋と言う筋肉を鍛えることが出来ます。この速筋が鍛えられることによって、安静にしているときのエネルギー代謝である基礎代謝を高めることが期待可能です。

つまり、速筋を鍛えることが出来れば従来と変わらない暮らしを送っていても消費するカロリーが増えて痩身を実現出来る身体づくりをすることが可能になることになります。そして無酸素系のエクササイズを行うと成長ホルモンやアドレナリンなどの脂肪を分解する働きを促進するホルモンが、より一層多く分泌しやすくなるので以後の活動で脂肪が燃焼しやすくなるとも言われているのです。ですので体脂肪の量を減らすには、筋力トレーニングの後にウォーキングをするなど無酸素系のエクササイズの後に有酸素系のエクササイズという順番で組み合わせるのが良いとされています。

まず自分に適した負荷をかけながら筋力トレーニングを行い、その後に軽めの負荷のランニングやウォーキング、水泳などの有酸素系のエクササイズを行う訳です。有酸素系のエクササイズには他にも水中ウォーキングやバイクなどもあります。このときに脂肪を燃焼したいからといって負荷を息が上がってしまうほど高めるのは控えることが必要です。無酸素の状態となってしまい、かえって脂肪が燃焼しにくい状態になることがあるからというのが理由になります。

脂肪は多少きついと感じるぐらいの負荷の運動で燃焼される効率を高めることが可能です。およそ10分ぐらい継続していると、汗ばむぐらいの負荷が目安です。例えば最初に10分間のストレッチを行い身体をほぐしたら、休憩をとりながら30分間の筋力トレーニングを行います。続いて30分間の軽い負荷のウォーキングを行い、最後に10分間のストレッチを行い疲れを癒すといった内容です。このときに消費されるカロリーは55キログラムの女性の場合で、およそ220キロカロリーぐらいとなります。時間や負荷は、無理しない程度から開始していくのが良い方法です。

続けていくためのコツは、痩身を実現させるという気持ちを継続して持っていることになります。そのためにも身体に負担がかかるダイエットではない無理しない方法で取り組むことが必要です。

ウォーキング , 有酸素運動 , 生活習慣 , 痩身 , 筋力トレーニング , 脂肪燃焼 , 運動 , 食生活